計量士パパのブログ

一般計量士に合格するために試行錯誤した経験と読書やダイエット、筋トレ、育児についても計量士的にお伝えしたいと思います!

これなら続けられる!試験勉強の方法!!

f:id:keiryoushi:20190515123157p:image

何事も継続が大切!

こんにちは、計量士パパです。

 

 

今回は苦痛でしかない勉強を必要で大切な勉強と思いこむ為の方法をお話します!

 

目次

 

何故、勉強が苦痛なのか?

f:id:keiryoushi:20190516125722p:image

勉強することが苦痛になるとしたらどんなことが思い浮かぶでしょう?

 

1.勉強が役に立つと思えない

将来役に立つ気がしないとか良く聞く話しかなと思います。全く役に立たないことってあんまりないとは思うんだけども…。

 

2.わからないことを学ばなければいけない

知らないことや理解出来ないことを一から学んでいかなきゃいけないことも多いですね。わかるまでは苦痛ですね。

 

3.他に楽しいことがある

簡単に達成感を得られる遊びがたくさんある。

 

4.面白くない

勉強自体に楽しみや面白みを見つけられない。

 

5.勉強しても結果がともなわない

勉強してるのに試験で良い点数が取れなかったり、時間ばっかりかかって内容がわからない

 

上記が上がってくると思います。勉強自体の有用性や勉強自体が得意か?不得意か?が要因ではないかと想像できます。

 

得意科目は好きなんだけど・・・っていう方もいると思うんですが、要はできることは楽しい!ってことですね。

 

逆に出来ない事を行うのは苦痛!という、安易ですが、わかりやすいグループわけが出来ると思います。

 

 

得意な科目と不得意な科目は才能で決まるのか?

f:id:keiryoushi:20190516130525p:image

その科目は才能がないから苦手・・・とか、生まれ持った才能に由来するということなんでしょうか?

 

私は身体的な特異点ってあまりないと思っていますので、才能で一般的な学力に影響は及ぼさないと考えます。

 

記憶力がいいとか悪いとかハード的にはほとんど変わらない。記憶しやすい行動や考えかたが出来るひとが記憶力が良いのだと考えます。

 

 

 

続けることで普通のことに、さらに続けると得意なことになる!

f:id:keiryoushi:20190516130627p:image

 

不得意なことも続けていくと当たり前のことになって行きます。子供が一人で歩き始めたことを思い出してください。一生懸命歩いている姿が想像できると思います。今では意識して歩いていません。

言葉も同じことで、良く分かりませず真似しながら話していたのが、いつのまにか難しい文法やスラングを使いこなして行きます。

 

続けていくと何事も当たり前の様に出来る事は理解しやすいのではないでしょうか?

 

ただ、大人になると生活に必要なベーシックなものが身に付いており、新たな技術や知識を得る必要を感じない、感じにくいという問題が残ります。

 

必要だと思わせる技術!続ける技術!

f:id:keiryoushi:20190516131828p:image

 

自分自身に必要だと思わせるとはどういうことかというと、潜在意識に直接働きかけて無意識化で大事な事、必要なことと感じさせることです。

 

潜在意識に直接働きかけるためには、生きる為に必要な情報だと認識させねばなりません。

 

生きる為に必要なことというと、毎日毎日繰り返される情報は生活にとって重要だと認識する為(反復することで長期記憶にする原理)、勉強すること自体が大事なことだと認識します。いつのまにか勉強しないと、物足りなくなって来るはずです。

 

この繰り返しの効果を得るのに効果的な方法が隙間時間で何度も勉強するという方法です。

最初は一問解くだけというのを朝昼晩と三回行います。朝昼晩と何度も見て行くうちに勉強することが重要なんだと思えてきます。二週間続けて行っていると、意識しなくても勉強出来るようになって来ているはずです。時間を見て徐々に問題数を増やしていきます。66日経つ頃には十分な勉強を行う習慣が身についているはずです!

 

 

習慣になると勉強することに負担を感じなくなるので簡単に続けて行くことができる様になります!

 

 

まとめ

必要で大切な問題と認識するには、常に勉強のことが頭の片隅にある状態を最初は意識して作っていきます。それが習慣になる頃には、勉強をやらなくてはいけないものと認識し、苦痛を感じずに勉強出来るというお話しでした!

 

特に、資格試験などには効果を発揮すると思います。最初は一度に一杯解くよりも常に頭の片隅に資格試験の問題のことがあるように分散して解きます。その方が続けやすいですし頭にも残っていきます。感覚的には四六時中問題のことが頭にあるという感覚です。ぜひお試しください!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうござます!

 

↓役に立ったと思われましたらクリックお願いします!モチベアップに繋がります(^^)


受験ランキング